臼井先生ご冥福もうしあげます

10巻くらいまで実家には原作のマンガがあって
マンガを読んでいた時期は家族でアニメも見ていました。

その後はすっかり作品から離れてしまったけれど
大学に入り埼玉県民になってから
しんちゃんの街、春日部を通ることがあったり
テレビや新聞のどこかで耳にしたり目にしたりして
その頃には、必ずどこかで見かける大きな作品になっていました。
はじめて見た時は子供だった自分も
もうすぐみさえの歳ですよ。


テンポのよさ
キャラクターのネーミングセンス
ギャグマンガとして一級品!

シモネタも多いけれど
愛らしいユニークなキャラクター達から
笑顔をたくさんもらえる作品だったと思います。


はぁ・・・pixivでいろんな人の追悼イラスト見ていたら
涙がでてきちゃったよ。
皆いい絵描くなぁ・・・ぶわっ。


先生、楽しい作品をありがとう。
安らかに眠ってください。

この記事へのコメント